トップ >交番・駐在所案内>城東駐在所
 城東駐在所(きとうちゅうざいしょ)
 
所 在 地  掛川市下土方1426−1
電話番号  0537−74−2040
管轄区域  掛川市
  (いま)(たき)入山(いりやま)()大坪(おおつぼ)(だい)上土方(かみひじかた)上土方(かみひじかた)落合(おちあい)
  上土方(かみひじかた)工業(こうぎょう)団地(だんち)上土方(かみひじかた)旦付(だんづく)新田(しんでん)上土方(かみひじかた)(みね)(むかい)川久保(かわくぼ)
  下土方(しもひじかた)
駐在所紹介  城東駐在所は、旧小笠郡大東町であった現地に、平成6年4月、高天神城を思わせる建物として建設されました。平成17年4月1日大東町が掛川市と合併して掛川市下土方となり、現在に至ります。
 管内は、旧大東町の土方地区を管轄し、茶畑や水田が多く、のどかな農村地帯です。受持戸数は、一般家庭・アパート・工場等合わせて1081戸で、高齢者が多く住んでいます。
 主な建物は、高天神社や小笠神社の他、東京女子医科大学の創立者である吉岡弥生記念館や東京女子医科大学看護学部の1年生が学ぶキャンパスがあります。そのほか、中国との友好教育者である松本亀次郎の記念碑などがあります。
 管内では、坂道のカーブが多いことから、雨が降るとスリップ事故が多く発生します。
 
掛川署管内図へ