ヘッダーイメージ

(2) 不良行為少年の補導状況(行為別・学職別)


  平成28年中に県下で補導された不良行為少年は、14,915人(うち女子2,817人)
 で、前年に比べ、1,492人(9.1%)減少しました。
  学職別に見ると、高校生が5,422人と最も多く、不良行為少年全体の36.4%を
 占めています。
 
* 下段は女子で内数である。
フッターイメージ