TOP > 地域安全推進員
 地域安全推進員
 
  ◆地域安全推進員とは?
 
住民の方々が地域安全活動のリーダーとして、地域の安心安全のために活動をしています。
地域の実情に精通している方の中から選出し、警察署長と地区防犯協会長(島田市長)が連名で委嘱しています。
島田署管内では、91名が交番・駐在ごとに活動しています。
主な活動
   ・青色回転灯装着車両による、パトロール
   ・子供の通学時間帯の見守りパトロール
   ・防犯キャンペーンの活動
 
  ◆振り込め詐欺被害防止キャンペーン 
 
 ここ数年で、全国的に「振り込め詐欺」の被害が急増しており平成28年中の静岡県内では316件、被害総額8億2,183万円(暫定値)の被害がありました。
 そこで島田警察署では市町や地域安全推進員及び、自主防犯組織と協働して「振り込め詐欺」防止キャンペーンを行っています。
地域安全推進員の皆さんは熱意を持ってキャンペーンに従事され、多くの市民に被害防止を呼びかけて下さいました。
   
 
 ―戻る―