ホーム>吉佐美くんニュース>ヒートショックにご用心
 
   入浴時のヒートショックにご用心
 
 入浴時の温度差が大きくなりがちな12月、1月は、入浴中の突然死が最も増えるので注意が必要です。
 冬の時期にお風呂に入る際、暖かい部屋から寒い脱衣場や浴室に行き、その後熱いお風呂に入ったりします。
 このように激しい温度差があると、血圧が急激に上昇したり下降したりして心筋梗塞や脳出血、脳梗塞などによる突然死を引き起こす原因となります。
 このような急激な温度変化が体に及ぼす影響のことを「ヒートショック」といい、高齢者が家の中で亡くなる原因の4分の1を占めています。
   ヒートショックによる事故を防ぐためには
 
 冬場の入浴時の事故を未然に防ぐためには、部屋と脱衣場と浴室の温度差をできるだけ小さくしておくことが大切です。
 脱衣場を暖めたり、浴槽のふたを開けて浴室を暖めておく等して居室と浴室との温度差をなくすように心がけてください。
 お年寄りや高血圧・糖尿病などの病気をもっている方の入浴は特に気をつけ、同居のご家族の方も定期的に声かけをお願いします。