静岡中央警察署へようこそ! 

明治26年〜
小川龍彦氏作・寄贈
 
昭和9年〜
小川龍彦氏作・寄贈
 
 〜昭和56年
浦田周社氏作・寄贈
 
昭和56年〜現在
小川龍彦氏作・寄贈
 


沿革 
明治 6年  旧静岡県に羅卒が配置されると有渡郡静岡札之辻町と安倍郡静岡安西1丁目に二つの羅卒屯所が設置された。
明治 8年  全国的に警察の出先機関が統一整備される中、静岡出張所が新たに設置され、同時に札之辻の羅卒屯所は第4、第5大区巡査屯所と改称された。
明治 9年  静岡出張所は警察第1出張所と改称された。
明治10年   警察第1出張所は静岡警察署に、第4、第5大区巡査屯所は静岡警察署静岡分署にそれぞれ改称された。
明治16年  静岡警察署静岡分署は廃止された。 
明治25年  静岡警察署は人宿町の大火によって類焼した。翌年、同所に三角のトンガリ帽子の望楼のあるモダンな庁舎が新築された。 
昭和 9年  鉄筋コンクリート造3階建て、8階の望楼付き庁舎が新築された。 
昭和23年    警察法の施行により静岡警察署は廃止され、自治体警察静岡市警察署と国家地方警察安倍地区警察署が設置された。
  静岡市を自治体警察静岡市警察署が、静岡市を除く安倍郡内11村を国家地方警察安倍地区警察署が管轄し、両署は旧静岡警察署の庁舎を共同使用した
昭和27年    自治体警察静岡市警察本部が設置され、その下に静岡市中央警察署と静岡市南警察署が設置された。
昭和29年   新警察法の施行により、自治体警察と国家地方警察は廃止され、静岡中央警察署と静岡南警察署が設置された。
 この時の静岡中央警察署の管轄区域は静岡市のうち安倍川以西とおおむね旧国鉄東海道本線以北と安倍郡下であった。
昭和56年  現在の庁舎を新築した。庁舎の5階と6階は警察本部分館として生活安全部と交通部の一部が使用している。